*このページを印刷されたい方はめりやすウェブサイトからダウンロードして下さい*

 

書きものレシピとは…

  

-めりやすの編みかたレシピは「書きものレシピ」です-


書きものレシピとは、編み図を文章化したもの。
作り目をするところから最後の一目まで、もれなく「ことば」で編み方を説明してくれるものです。
海外ではこの形式が一般的で、「英文パターン」「文章パターン」などと呼ばれます。
はじめは戸惑いもあるかもしれませんが、知れば知るほど良いところがいっぱい見えてくる書きものレシピ。
日本式の編み図だと編み目を頭の中で裏返して編まなければなりませんが、とくにレース編みなどのややこしい編み図の場合、書きものレシピだと書かれてある通りに編むだけでいいので慣れてくると非常に楽です。
パターンはすぐに覚えてしまうので「K1、yo、K2tog、K3・・・」などとリズムをとりながらスイスイ編めるようになります。

 


-レシピ解読法-


*めりやすのレシピは主にこの形式に従って書かれていますが例外もあります。

?まず1ページめはタイトルと写真が掲載されており、そのあとに
「Sizes(寸法)」「Yarn(糸)」「Needles(針)」「Gauge(ゲージ)」「Notions(その他に必要な道具)」「Memo(ひとことメモ)」などが続きます。
これらの
スペックはとっても重要ですので必ず読み飛ばさないようにしましょう。

「Sizes」 ウェアの場合はサイズごとの胸囲を表記しています。自分にあったサイズを探しましょう。小物などの場合はそれに必要な部分の寸法を表記しています。

「Yarn」 サンプル作品を編んだ糸を記載しています。

「Needles」 JPとUSで寸法が違うので注意して下さい。

「Gauge」 非常に大切です。かならずゲージを取ってください。合わない場合は針の号数を変えてみてください。ショールなど、特にゲージを必要としない場合もあります。

「Notions」 とじ針や待ち針、ボタンなどがここに書かれます。

「Memo」 この作品を編む注意点が書かれているのでよく読んでください。


?それから、あったら助かる
スキーム図。スキーム図とは各部位の寸法をサイズごとに表記したもの。これは空いたスペースのどこかに書かれています。ショールなど、寸法表記の簡単なものはない場合もあります。


?
チャート図。これも必要な場合だけ空いたスペースに書かれています。作品によってはチャート図だけで編めるものもあります。


?続いて
パターン本文が始まります。
 読み方の注意点としては、


  基本的に書かれてある順に書かれてある通りに編む
まずは作り目から。作り目の指定されている場合はその通りに編んでください。指定のない場合は、自由にすきな方法で作り目をして頂いて結構です。

 

 2 1段ごとに編み目を表記

その段で編むべき編み目が書かれています。「1段め」「2段め」という風に今が何段目なのかとということがひと目で分かります。そしてそれが「表側」なのか「裏側」なのかも記載されているはずです。基本的に「1段め」が表側なら、それ以降のすべての奇数段を表側として編みます。例外がある場合は都度表記します。
また、段数表記は「1段め」「1. 」など、そのレシピに合った表記を選んでいます。

 

 3 読点で区切られた略語(記号)を書かれた順番に編んでいく

例) 1段め 表1、左上2目一度、残り1目まで表編み、右上2目一度、表1。

例の場合だと、読点で区切られた「表1」「左上2目一度」「残り1目まで表編み」「右上2目一度」「表1」この5つの略語(もしくは文)を、書いてある順に、書いてある目数分だけ編みます。
(略語の読み解きかた、目数の判断の仕方は後述致します)

 

 4 同一段でのパターンの繰り返し

1段に同じパターンを繰り返す場合、括弧づけして括弧内をどこまで(何回)繰り返すのかを指定しています。

例) 表1、(表2、裏2) 括弧内を残り1目まで繰り返す、裏1。

 

 5 「それと同時に」に注意する

書きものパターンの一番の欠点は、同時に行う減目表記の難しいところ。
えりぐりと袖ぐりの減目を同時に行うような時、まずはえりぐりの減目方法を記述してから「それと同時に」という文章で始めて袖ぐりの減目を記述する、というのがよくあります。ふたつの文章を同時に読むことは出来ませんが減目は同時に行わないといけない。「それと同時に」という記述を読み落とさないために、ある程度先の方まで読んでから編むことをおすすめします。

 

 6 略語(記号)で書かれている

編み目を全部ことばで指定していくと、長大な文になってしまいます。かといって仮名を使って略語を作ると非常に分かりにくい。これは書きものレシピの欠点というよりは日本語の難しさなのでしょう。

 *めりやすのレシピでは、略語に関して2種類採用しています*
ひとつは仮名(漢字)表記のもの、もうひとつはアルファベット表記のもの。
どちらを使用しているかはレシピによって違います。どちらも一長一短で、なるべくレシピの内容との相性を考えて決めています。


・仮名(漢字)表記の略語…「表目」を「表」「裏目」を「裏」など、その技法の特徴を表現したまま略してあるので、その意味は見ただけで分かるようになっています。特に別注などは設けていません。

・アルファベット表記の略語…仮名よりもアルファベットの方が記号として認識しやすいため、レースパターンなどの長文レシピの場合はこちらを採用しています。
こちらの略語は「K」「yo」などアルファベットを組み合わせたもので、編み目を英語で表記したときの頭文字です。「Knit」「Yarn over」など。
アルファベット表記の略語は略語一覧としてめりやすのサイトに一覧表を記載していますのでそちらをご覧下さい。

仮名表記の略語を採用しているレシピ内にアルファベット表記の略語が出てくることもあります。ただし同一レシピ内では同じ意味の技法の表記は統一しています。

例)表1、pm、残り1目まで裏編み、pm、表1。

この場合pmとはplace markerの略で「マーカーをつける」という意味です。

略語に数字をくっつけて、その編み目を編む目数を指定します。「表1」「裏7」「K3」「P15」など。
(減目や増目、掛け目など、目数を指定しなくても当然決まっているようなものは数字がつきません)

この略語と数字の組み合わせをひとつの記号として認識することができると書きものレシピの理解が早まるはずです。そう、レシピ内の略語は記号として認識するのが、書きものレシピに慣れる近道でもあります。
これを習得すれば前述した難解なレース模様も、編み図を見なくともパターンを呪文のように唱えるだけで編めてしまうのです。

 

 7 パターンの繰り返しの回数表記に注意する

めりやすではパターンの繰り返し表記は一定の決まりのもとに書かれています。

例) 表1、左上2目一度、最後まで表編み。
上記の減目を表段ごとにあと5回繰り返す。

この場合、減目は合計で6回行います。このように、減目パターンの表記があればそこで1回の減目がされているとみなします。

 

 8 センチ表記

めりやすでは寸法の表記は基本的にセンチを使用します。
 

 9 目数はきっちり、段数はアバウト

目数はどんな細かい部分でもきっちり割り出します。けれど段数は表記されないことも多いと思っておいてください。
例えば、「作り目から計って5cmになるまで編む」という書き方をします。ここに段数の指定はありません。この方が「自分は7cmくらいまで編みたい」と思ったらそのようにしやすいというメリットがあります。



主な注意点はこんなところでしょうか。いえいえ、編めば編むほど疑問点が出てくると思いますので、分からないことがあれば気軽にお問い合わせください。

*このパターン解読法はめりやすのレシピに限ったものです。他の日本人デザイナーさんの作品や海外パターンには必ずしも当てはまりませんので悪しからずご了承ください。