珈琲豆と一緒に…

珈琲とあみもの
これは抜群に相性がいい

丁寧に淹れた珈琲を、たいせつに、たいせつにいただく
そしてほっこりと編み物をする
そんな幸せ時間を過ごしてみませんか


大阪は堺筋本町。商いをする人たちで賑わう街角に、風格漂う喫茶店カフェブルグはあります
ブルグは2014年に30周年を迎えました

注文が入るとマスターが一杯ずつ淹れてくれるサイフォン珈琲
カウンターには常連客が立ち代わり座り、マスターとの世間話に笑い声が響く

木目が基調の内装には、30年分の珈琲の香りが染み付いており
ふと目を移せば、これまでお店が出会った様々なアーティストの作品が飾られている

一度来たら絶対また来たくなる、居心地のいい空間
そんなブルグの珈琲豆をめりやすがお届け致します

現在めりやすはブルグで月一回の編み物教室とニットカフェを開催しています
また今年の冬の終わりに作品展をやらせて頂いたりと、何かと縁が深いのです

「遠くて行かれない」という方のために
めりやすがあなたとブルグの縁をつなぎます


「珈琲豆と一緒に…」の豆はブルグオリジナルブレンドの「マイルド」

その名の通り、あっさりとしていて飲みやすい
なのにいつまでも口の中で軽やかに広がる味わいと香り
よくある、見た目は濃いのに味のない珈琲とは全く違います

100gあたり420円(税込)のお品が50gついています


一緒にお届けするキットは、リストウォーマー・くつした・香り袋の3種類。初心者でも編めるかんたんなレシピです
香り袋はめりやすでもお取り扱いのあるくすのき防虫香を入れてもいいし、珈琲を淹れた後の粉で防湿剤を作って入れてもいい

さらにかわいいギフトボックスに入れてお届けするので、贈り物にも丁度いい
何重にも楽しめる、珈琲豆と一緒のキットをどうぞ

*珈琲の味が気に入った方は珈琲豆のみの販売もしております。

*カフェブルグさんでは美味しい珈琲の淹れ方を学べる「珈琲教室」を開催しています(予約制、土曜日のみ)
興味のある方はお問い合わせ下さい。

くすのき防虫はこちら

<珈琲の粉で防湿剤を作る方法>
1. 珈琲を淹れる
2. 淹れた後の粉をある程度自然乾燥させてからお皿に移す(水分をたくさん含んだ状態だと移しにくいので)
3. 電子レンジで3分間温める
4. 冷めたらお茶パックなどに入れてお使い下さい

電子レンジで温める時間は粉の量によって調整して下さい。
完全に水分が飛んでサラサラの状態になるまで温めて。
少しでも水分が残っているとカビが生えてしまうので注意!

  • <
  • 1
  • >

1商品中 1〜1商品